Consulting - 成約コンサルティング -

成約に至らない原因を可視化

項目毎に手立てを考察します。

 

現状分析-

現状を感覚ではなく数値で把握し、成約へのボトルネックを見える化します。ボトルネックの元は、プランナーだけとは限りません。建物などハード面、広告とのギャップ、来館者の特性…様々な角度で分析を行います。

 

項目毎に優先順位付け-

ボトルネックはひとつだけ、ということはまずありません。複数ある中でも、解決に至る難易度、スピード感、経営に与える影響度などを加味して、強化する項目の取捨選択もしくは優先順位をつけます。

 

解決策を具体化-

見つかったボトルネックに対する具体的な解決策を考案します。一つの弱点を克服することで、今まで目立たなかった新たな弱点が明らかになることもあります。そのような弱点をとりまく現状と考えられる未来の予測も同時に行います。

 

結果確認と施策の改善-

施策後は、必ずその結果の分析を行います。施策が想定通り機能しているかどうか、体制として持続可能かどうか、いつまで行うのかなどを判断。施策そのものの変更や調整も加え、

PDCAを回し続けます。

サービス情報

アーカイブ