コンサルティング

常に業界の前線に立つ森山圭による集客理論をもとにブライダル新規集客の必勝法を伝授いたします!!

各種、改善プログラムも好評!お気軽にご相談下さい。
ブライダルフェア内容改善
ネット活用法・改善
広告ツール活用法・改善

コンサルティングの流れ

現状把握

エリアの市場規模、競合環境、顧客構造などを様々な角度で分析。媒体各社提供データの解読します。

目標設定

経営者から現場スタッフまで、全員が共有ができて納得性の高い、行動指針となる目標を設定します。

課題発見

貴社の提供する商品、人材をレポーティング。売れる要因、売れない要因を分析し、今後の方向性を確認します。

改善施策

ビジョン策定、人事制度、予算編成から、商品開発、ハードリニューアルまで、必要に応じてアドバイスします。

結果分析

進捗状況、営業状況を適宜把握、分析し、新たなる施策提案と目標達成に対する行動を見直していきます。

主なコンサルティング領域

集客コンサルティング

ブライダルビジネスにおける集客・マーケティングの難しさは、リピートモデルが成り立ちにくいこと、常に移り変わる結婚適齢期世代に合わせた施策が必要なことにあります。
顧客(カップル)にとって、結婚式は何度も購入するものではなく、また、他の人と違うところで挙げたい・ふたりらしい結婚式をしたいという方が多いため、素敵な披露宴を施工したからといってそれが次の集客に結びつきません。新たなカップル=「一見さん」を集め続ける必要があり、そこにこの業界特有の難しさがあります。こういった難しさのあるブライダル業界の集客について、世の中の一般的なマーケティング理論と弊社独自のブライダルに特化したマーケティング理論を組み合わせてご提案しております。
更に昨今のブライダル業界では、集客の約半分を「ゼクシィ」が担っているといっても過言ではありません。多くのカップルが購読しており、集客パワーが非常に大きいこのメディアに対して、いくらつぎ込むかではなく、どう使いこなすかがブライダルビジネスの成否を分けます。常に「ゼクシィ」を研究している弊社が、「ゼクシィ」掲載広告の改善から表現方法などあらゆる方法をアドバイスいたします。
※新フォーマットについても独自の理論で対応しております。

営業力研修(プランナー研修等)

ブライダルビジネスでは、安定した上顧客というものは存在せず、常に新しい顧客に対応していかなければなりません。そのため、新規接客を担うプランナーの役割は非常に大きく、彼・彼女らに様々なプレッシャーを与えています。ところが、来店が増えても、接客するプランナーのモチベーションやプランナーを支える組織の状態が悪く成約が増えないといったケースが散見されます。
たとえば、女性プランナーが多い中で、リーダーやマネージャーが1人男性である組織が多く見られますが、この場合、上司部下間の意識のギャップだけではなく、性差による価値観の違いが出てきたり、スタッフ間でも同性同士ならではの課題が出てきたりと、チームとして機能せず、結果売上を落としている組織も多く見受けられます。
また、プランナーの仕事というのは、当日は何人ものスタッフが披露宴会場に入ったり、パートナー企業も何社も関わってくるなど、全ての仕事にチームワークが必要とされます。個人業績にフォーカスしすぎますと、お客様に迷惑をかけることにもつながります。リーダーは、ブライダルならではの特徴を踏まえながら、組織論、リーダーシップ論を学んで組織の状態を良好に保つ必要があります。
こういった課題に対して弊社では数多くのクライアントと取り組んできた経験や、プランナーの働く環境についての研究を続けており、課題に対していくつもの解決策をご提案できます。

事業運営コンサルティング・経営コンサルティング(顧問、アドバイザー)
・セカンドオピニオン

リーダーのみなさんには、冷静な事業計画の立案力も必要とされます。婚礼はほとんどの場合、ご来店して半年から1年後にようやく売上が立ちます。集客のために投資をした金額はすぐには回収できません。そのため事業計画を当年だけで組むことはできず、その先数年にわたっての業界トレンドを踏まえる必要があります。
例えば12月24日に発売されるゼクシィは1年以上先の婚礼を検討しているカップルも見ています。今使っている広告費は来年、または再来年のための広告費かもしれず、広告費ひとつとっても投資回収には期間が必要です。その年だけをクリアにするという経費削減をしてしまうと翌年以降の獲得が儘ならなくなりがちで、翌年以降大きく業績を落としたケースを多く見てきました。かと言って将来の業界トレンドを無視した安易な拡大投資もうまくいきません。ハードの改装や人の採用ともなるとより長期的な視点が必要となります。経営・事業計画には上記を踏まえた冷静な判断が必要であり、アドバイスをさせていただいております。
また、ブライダル業界の現場で働く人は「想い」を大事にしています。お客様からの喜び・感謝の声が働くモチベーションになっています。「想い」が全く感じられない事業計画はうまくいきません。しかし多くの競合が犇めく中で「想い」だけで仕事をしていては、ややもするとお客様にエゴを押しつけることにもつながるため、顧客ニーズを盛り込んだ事業計画を立案し、現場のスタッフの日々のモチベーションと経営の目標とを連動させるマネジメントが必要です。このあたりも踏まえてアドバイスをさせていただきます

コンサルティングポリシー

コンサルティング終了後もクライアントが持続的に成長していけるようなコンサルティングを心がけています。短期的に収益を上げるために情報や知識も提供いたしますが、最終的には現場で戦略を考えられ実行できるような組織作りというところまでお手伝いをさせて頂いております。そのためには、組織全体の「考え方」「思考力」を上げることが不可欠です。カップルへ最高のサービスを提供するためにも、切磋琢磨して一緒に学びましょう。

ご依頼の方法

まずはお電話か問合せフォームよりご連絡をください。お客様のご状況、困っていらっしゃることをご相談ください。それに応じて最適なコンサルタントがお伺いいたします。その後、最適なコンサルティングメニューを提案いたします。訪問から一連のご提案までは、ご提案料として5万円を頂戴しております。

コンサルタントの紹介

森山 圭

斎藤 正典

他、各分野に精通したスタッフが活躍しております。

コンサルティングに関する依頼・お問い合わせは
ふるさとウエディングコンクール

PDFダウンロードはこちら